スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --------(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ここは慎重に・・・


昨日申し込んだマンションの審査も無事通り、いよいよこれから契約書(一番重要!)が送られてきます。その内容に納得したら振込み⇒鍵引渡し、になりました

以前、大阪で住んでた家は旦那の同僚スペイン人から大家さんを直接紹介してもらったので、敷金・礼金もありませんでした(もともと関西ではこの呼び方しないんですよね)。それに、契約書も簡単に英語で書かれた紙が1枚だけだったのです。

しかし今回はちゃんと日本の不動産屋を通しているし、その不動産屋も信頼できるかどうか…なのでちゃんと慎重にスミズミまで契約書を読まなければですよね。
一応その不動産屋は関東でも沢山店舗を持ってる所なんで、駅前のこじんまりした不動産屋さんではないんですが・・・どうも営業の男性の話し方とか挑戦的なところが嫌なんですよね・・・まぁ、こちらも一度キャンセルしてたし、物件が気に入ったワケで営業はたまたまそこを担当だったから仕方ないか。

心配だったネットもどうやら思ったより早く引けるみたいで、近々念願の実家脱出(?!)が叶いそうです。バンザアーーーーイ!!
やっぱりポジティブに考えてきて良かったです。。。あまり凹んでいてもいい事はないですよね。ハイ
スポンサーサイト



  1. 2005-09-22(Thu) 11:30:50|
  2. 日常 vida cotidiana|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 4

コメント

まあ大手の不動産屋だったらそんな変なことにはならないと思うけど

でも入ったときに傷や故障などはキチンとチェックして、問題になりそうなら
写真撮っておいたり、担当に知らせておく方がいいと思うよ。
  1. 2005-09-22(Thu) 17:28:21 |
  2. URL |
  3. ずんころ #-
  4. [ 編集]

ゆかさん頑張れ★引越しして落ち着いたらデートしましょね(U3U)
  1. 2005-09-22(Thu) 22:08:32 |
  2. URL |
  3. tomoyo #-
  4. [ 編集]

 とうとうお二人の住むところが決まりそうなんですね!
関西でも、敷金・礼金はあります。
このお金ってすっごく高いし、出ていく時はちょっとしか返してもらえないので、すごくもったいないですよね・・・
 ずんころさんも書かれているように、ちょっと心配な点があったら、証拠を残しておくのが一番だと思います。
その契約書も隅々まで読むのも大切ですよね。
 いろいろとご実家に引っ越されてから大変なことが多かったようなので、新居ではダンナさまとのんびり暮らしてくださいね!
  1. 2005-09-22(Thu) 22:11:29 |
  2. URL |
  3. シエナ #cIzM1MMY
  4. [ 編集]

☆ずんころ☆
うん、そうだね。写真撮っておくようにする!いいアイデアだわ、ありがとう!!後でモメても徹底的に証拠を持っていられるようにしてやるぞ~ 最近ニンゲン不信気味だから最初から疑ってかかることにした

☆tomoyoさん☆
ありがとう!!是非おちついたらデートしませううう~♪

☆シエナさん☆
そう、関西で住居探した時、関西は関東よりずっと高いとかって聞きました!なんか、「敷金・礼金」という言い方しないんですよね?敷きびき?とかそんなような・・・
マンションに入ったらすぐにスミズミまで証拠写真撮ります!(゜へ゜)ネットで不動産屋関係のトラブルを調べたら、結構出るときに契約書に書いてあっただの無いだのでモメる人がいるそうで・・・怖っ
お金に関するトラブルは本当に見苦しいですからね…備えて気をつけます!
  1. 2005-09-23(Fri) 12:06:08 |
  2. URL |
  3. ゆか #7t9O/B1I
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vidanipona.blog6.fc2.com/tb.php/98-f2651dc9
07 « 2017/08 » 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Archives

Search

Profile

ゆか

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。